« かぶと放森 | トップページ | 赤とんぼ »

2011年8月25日 (木)

今年のセミ。

これも毎年撮影しています。

今年はなんだか今が最盛期のような?

きのうなのですが、どこでもセミが鳴いていました。

1108251

今年載せる写真は少し趣を変えて、

写真らしく。

 

1108252

同じ木の下のほうには、

色が抜けた透明な羽の「アブラゼミ」

・・・・・なんてね^^

 実際のところよく知らないんです。

「ミンミンゼミ」なのか、それとも「ヒグラシ」なのか、

体長はアブラゼミと同じくらいだから・・・・

 

1108253

樹液を吸っています。

 

今の時期、産卵管を木に差し込んでいるものをよく見かけます。

マクロで数センチのところまで寄っても直ぐには逃げ出せないものが

結構いて、写真を撮る側からするととても助かります。

 よく観察してみると産卵管をしばらく差し込んでいたと思うと、

抜いて、産卵に適したポイントを産卵管で探りながら、

少しずつ上へ移動していきます。

 

1108254

ジ~と見ていたら

こんな、面白い場面も見かけました。

オスとメスなのか、それとも?

よくわかりませんが、

始めにここに止まっていたのは左のセミ。

そこへ少し離れた場所に右側のセミが飛んできて止まり、

少しずつ横歩きして距離をつめ、左のセミの方へ寄ってきて、

チョイチョイ、とちょっかいを出し。

それに対抗して左のセミが応酬の場面。

 

セミもよ~く観察していると面白いことを発見できます。

ただ、注意しなければいけないことが一点。

 

 おしっこを掛けられないようにしましょう!!!

 

 

 

 

« かぶと放森 | トップページ | 赤とんぼ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。