« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

「第7回ざま再発見写真展」

今日までの展示ですが、ハーモニーホール座間で

今年も「ざま再発見写真展」が開かれています。

1201291

出品者数、出品点数共に去年の55名302枚に対して、

60名420点と増えていて、とても見応えがあります。

 しかし、鑑賞してから数日経った今、思い起こしても印象に残っているものは

一つもありません。

これは何故なんでしょう?

マンネリ化してきて「再発見」が再発見ではなくなってきているからなのかも知れません。

 あッ!一つ思い出しました。

最優秀に選ばれたカワセミの作品。

写真は確かにうまいのかも知れませんが・・・・

「HOT HITO」でカワセミの撮影がとてもうまい「h」さんの写真を普段からよく見ていたので

それと比べてしまうと、う~n・・・と、なってしまいます。

座間には野鳥を撮っている方が沢山いて、谷戸山公園で開かれる写真展では、

すごくうまい写真ばかり展示されています。

それと比べてもナ~、ってなってしまいます。

 

 それと、この写真展、観に行かれた方お気付きになられたかどうかわかりませんが、

入選以上の作品は普通展示のほかに別に少し大きくして展示されていますが、

実はこれ、提出された2Lサイズのものを基にただ引き伸ばしているだけなんですよね。

これじゃあ、良い作品を大きくしてもあまり良くは見えませんよね。

原画を提出させてそれを基にしてくれなきゃ、入選者もかわいそうですよ。

 

 何故か座間市の写真展となると「ひまわり」の時といいあまり良いことを書くことが出来ません。

 もう少し何とかならないものですかね。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月27日 (金)

「第2回さがみスクラム写真展」

「第2回さがみスクラム写真展」を観て来ました。

この写真展は精神障害者地域交流事業の一環として、

精神障害者が企画の段階から参加し、障害の有無にかかわらず作品を一般から募り、

傷害者への理解と交流の場となるようにという趣旨で行われている写真展です。

1201271

私の印象。

 

  「ショック!!」を受けました。

 

悪い意味ではなく、良い意味での「ショック」です。

 どの作品が障害者が撮ったものなのかなどはわかりませんが、

どの作品にも暖かさ、やさしさを感じます。

作品を見ていくうちに心がほんわりとなってきます。

 写真からそれを撮った人のやさしさ、また、撮られた人や動物との信頼関係も感じられます。

 

1201272

左側で数人の人が見入っているのは、

この写真展が開催されるまでの活動状況が写真を交えて1枚のパネルにしてあります。

これも、また、この写真展を良いものにしていると思いました。

 

 この写真展は、今の私にとってはすごくショッキングな写真展でした。

写真自体はピントが甘かったり、少しブレていたり、プリントがよくなかったりなど、

決して優れたものばかりではないのですが、

しかし、感じたものを素直にそのまま表現していて、

むしろその不完全さが写真本来の楽しさや写真を写すということの意味を

伝えてくれているように思います。

 それに比べ、今自分がが撮っている写真は一体・・・・・

などと考えてしまいます。

 

 この写真展は相模大野ギャラリーで今月29日(日)まで開催されています。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月25日 (水)

今日のD.Y

きょうのD.Y(ドクターイエロー)です。

前回、下見に行ってきた平塚市での撮影です。

今日は自動車で出るつもりで予定していたのですが、

直前の交通情報を聞いて、急遽変更。

結局、また自転車で行くことになりました。

現地へ到着したのがAM11:30頃でしたが、

既に沢山のカメラマンがあちらこちら思い思いの場所に三脚を据え、

D.Yが来るのを待っていました。

1201251

現地へ向かっているときは富士山を右手に見ながら自転車をこいでいたのですが、

その時は富士山が山頂まで綺麗に見えていました。

 しかし、現地に近づくにつれ、徐々に雲が掛かってきてしまいました。

結局肝心なときにはごらんのような状態です。

 またしても綺麗な富士山をバックにD.Yを撮ることは出来ませんでした。

 

帰りに自転車をこぐペダルは重く、約2時間の道のりを帰りました。

疲れました。

 次回は(今年中に行けるのかどうかわかりませんが)自動車で行きたいです。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月24日 (火)

雪景色の日

こちらではきのうの夜から少しだけ雪が降りました。

それでも、表を歩いてみると結構白くなっていました。

1201241

綺麗な雪のイメージが出るように仕上てみました。

 

1201242

公園の中の林道です。

もう既に沢山の人が歩いていったような感じです。

雪解けは早く、林の中を歩いていると、

ポツポツ、ポタポタ、ペチャペチャと上から水滴が落ちてきます。

 

 きっとカメラマンの人は今日のような雪が降った翌日というのは、

あちらこちらと綺麗な雪景色を目指して出かけているんだろうな~。

などと思いを巡らしながら、やはり近場しか出かけられない現実に、

やきもきしながらの撮影になりました。

 

 

パソコンのキーボードを叩きながら首を回し窓の外の景色を見ると

明るい空にちらちらとまた雪が舞ってきました。

 

 

 

| コメント (2)

2012年1月21日 (土)

下見

日にちが前後してしまいましたが、

先日18日D.Y(ドクターイエロー)を撮る為の下見をしてきました。

場所は富士山がバックに入る新幹線撮影場所として有名な

(と、いっても私は今回調べて初めて知ったのですが・・・・)

平塚市。

 自転車で約20km(きっと歩いても20km。車だと・・・・チョッと違ってくるのかな?)

初めて行く場所で自転車で行くことが可能な場所であれば、

そのほうが駐車場などに困ることも無く、次回から車で行く場合にも

止める場所などを見つけて置いたりするには良いので、なるべくそうしています。

 

1201211

この日は、前日山沿いで雪が降り、富士山の雪も少し増えたようなので、

晴れたこの日に行ってみたのですが、

富士山は見えるには見えたのですが少し霞んでいて、

スッキリハッキリというわけにはいきませんでした。

 

1201212

そして、行きに見かけた小田急線の鉄橋の風景が綺麗だったので、

帰りに寄って河原へ下りてみました。

 画面右側が「厚木駅」左側が「本厚木駅」になります。

一番奥に見える橋は今架け替え工事中の「あゆみ橋」です。

 ロマンスカーを撮ろうと狙っていたのですが、

撮影準備中に赤と白のものが通ってしまい、

その後は茶色っぽいあまり好きじゃない「EXE」が数本通り、

その後は昔の型の赤とグレーのヤツ。

これは結構好きなんですが、その時は既に微風が出てきて

水面にさざ波が立ち、反射しているものは撮れませんでした。

 

行きは思っていたより距離を感じることなく現地に到着したのですが、

帰りは途中昼食をとって休んだら一挙に疲れが出てしまいました。

 

 そして、翌日(おととい)も市役所と市民ギャラリーへ自転車で往復してきたので、

きのうは思っていたより雪も積もらなかったので、

撮影に出かけることも無く、ゆっくり身体を休めることを出来ました。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月20日 (金)

写真展(市民ギャラリー)

昨日から「ニッコールクラブ相模原支部写真展」と「第16回フォト四季写真展」が

相模原の市民ギャラリーにて開催されています。

同写真展は去年も同時開催されていたので見に行ったのですが、

今年も引続き行ってきました。

 

1201201

去年と違って、エスカレーターで上がって手前入り口側に展示されているのは、

「ニッコールクラブ」の写真展です。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・あまりよくわかりません。

数点はわかる写真があるのですが、

その他は素人の私にはあまり良さがわかりません。

 

1201202

奥の入り口から入った「フォト四季」の写真展。

こちらの方が私にはわかりやすいです。

 

何故この写真展に出かけるのかというと、

家の近所の人が数人加入しているクラブだからです。

 

去年も書いたのですが、

私的には「フォト四季」の写真の方が好きですね。

 

この写真展は来週23日(月)最終日PM4:00まで、開催されています。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月16日 (月)

2012寒中神輿錬成大会

きのう片瀬東浜で行われた「寒中神輿錬成大会」を去年に続きみてきました。

今年は去年の青空、快晴、富士山くっきり。とは正反対で、

曇天、富士山は姿形見えず、風こそありませんでしたが、

寒い一日でした。

 

先ずは、とりあえず「Digi Book」で作ってみましたのでみてください。

また、期限(30日)を過ぎて閲覧が出来なくなり次第、

静止画を掲載する予定でいます。

 

 

この「Digi Book」、

申し訳ありませんが「フルウィンドウ」で見てください。

全ての画像が表示されませんので・・・・・

 

 

**********************************

2月16日を持ちまして「DigiBook」の掲載期限が過ぎましたので利用できなくなりました。

今回、そこへ載せておいた写真を静止画として再UP致します。

 

1201161

 *

 

1201162

**

 

1201163

***

 

1201164

****

 

1201165

*****

 

1201166

******

 

1201167

*******

 

1201168

********

 

1201169

*********

 

12011610

**********

 

12011611

***********

 

12011612

************

 

以上12枚です。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月14日 (土)

二宮 吾妻山公園

前回、10日にはじめて行ってみて、撮ることが出来なかった場所。

・・・・吾妻山公園からの富士山。

きのう、ようやく天気がよくなったので再度行ってきました。

1201141

 題名「はい、構え!!」

 

私が今回一番撮りたかった構図がこの富士山と海の両方を画面に収める。

ということ。

ほかの撮った写真などをみても、両方を収めた写真が見つからなかったので、

位置関係がわからず、果たしてそれは可能なのか?、と思っていましたが・・・・

広角側で覗いて見ると・・・・

きちんと入るんですよね。

 

 カメラマンの皆さん一生懸命です。

それに比べ、私の場合はいつも遠めに見ます。

 何故、いつもそうなってしまうかというと・・・・

若し、この場所に立って、他に誰もいない状況だったら、

同じ景色を見て、同じように興奮できるかといったら・・・・

そうではない気がするんです。

 ですから、周りの人たちを含めた全てがその場の風景を作り上げている気がするのです。

 

1201142

更に遠巻きに・・・・・

 題名「みんなの人気者」

 

いかれた方はわかると思いますが、

ここは丘になっていて、皆さんが立っている場所が一番高い位置で(展望台を除き)

私が撮っているこの場所は少し低くなってしまいます。

その為か、皆さん富士山と菜の花を同時に収めるために、

富士山と菜の花の間にある桜の木の関係もあり

このような場所に集中してしまうんですね。

 

1201143

このような画になりますね。

まあ、他の方もそれほど大きくは変わらないでしょう。

 しかし、皆さんが本当に一番撮りたいのは、

富士山と菜の花の両方を綺麗に(ピントを合わせ)撮る、ということなのかな?

と、思ったりします。

しかし、この場所でそれは可能?

広角で富士山を小さくしていいのならもちろん出来ますが・・・

 

1201144

只今満開の菜の花で~す。

 

1201145

綺麗な海を写すには逆光になり、菜の花が暗くなってしまいますね。

 

1201146

W.Bを調整してみました。

 

おまけ

1201147

チョッと遊んでみました。

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月12日 (木)

「私のこの1枚」展

今年も「私のこの1枚」展がきのうから、相模大野の伊勢丹6階アートギャラリー前で始まりました。

1201121

今年も多種多様のバラエティーに飛んだカラフルで楽しい写真が集まりました。

既にユーモアのあるネーミングの各スポンサー賞が付いています。

 

 今年の出品数は合計247点。その中のスポンサー賞が51点に付きました。

(撮ってきた写真から自分で数えました。)

約1点/5人の割合で賞が付いていることになります。

そのうちの約半分が「フォトイメージング相模原組合」によるもので、

他に18のスポンサーが賞を付けています。

 

 そして今年も気になった点があります。

この写真展は各自ボードを購入し、自分で写真を貼り付けて提出するのですが、

今年も何点かボードを縦使いにして作品を貼っているものがありました。

これは作品展示上、規則で横使いにすることが決まっているのに、

それを破っていることになります。

縦位置の写真は当然小さくなり不利なのですが、

まじめに規則通りに出されている方に対して不公平になります。

このようなことをしないように、ボード受け渡し時になど注意を促し、

徹底させる必要があるのではないかと思います。

 

 この写真展は今月17日まで伊勢丹相模大野で展示された後、

18日~24日までの間、橋本のミウィ橋本5階インナーガーデンで開催されます。

 

 

 

| コメント (0)

2012年1月11日 (水)

ある場所からの風景

きのう、他の写真を撮る為に初めて出かけてみたのですが・・・・

天気が良くなく目的の写真は達成できませんでした。

なので、きょうはその場所から撮った別の写真です。

1201111

「tilt shift」で加工してみました。

今の時期カメラマンが沢山訪れる場所なので、

どこからの風景なのか想像が付く方もいるかと思いますが、

次回もう一度リベンジに行きたいと思っています。

次こそ目的の写真をお見せできるようにしたいと思っています。

| コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

田名八幡宮的祭

去年に引き続き「田名八幡宮の的祭」に行ってきました。

去年は時間前に着いたら、メインの的撃ちが始まるまで

かなりの時間を待たされたので、

今年は少し遅く着くようにして行ったのですが、

既にベストポジションは占領されていました。

1201061

今年こそ広角レンズを手に入れ近くからワイドで撮るぞと思っていたのですが、

結局、未だに広角レンズは買えず、去年と同じような写真になってしまいました。

 来年はレンズを購入できずとも、もう少し違ったアングルで狙わなければと思っています。

 今まで状況説明の写真しか撮っていないので、

今度は少し写真らしい写真を撮ってみたいな、とも思います。

| コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

鈴鹿明神社

今回のタイトルはここのところ毎年初詣に出かけている

座間市にある「鈴鹿明神社」です。

本来なら「初詣」としたいところなのですが、

実は今年は神社に行ってお参りはしていないのです。

ただ単に初詣の様子を写真に撮る為だけに出掛けました。

 何故かというと、

ここ数年続けてここへお参りに来ているのですが、

余り良い結果になっていないのです。

むしろそれ以前のようにどこへも初詣に行かなかったときの方が、

運勢は良かった気がしたので、今年は思い切ってやめてみたのです。

1201041

この写真はおととい2日に撮ってきたものなのですが、

納得出来るものが撮れず、

結局きのうもまた行ってきました。

 しかし、きのうはこの写真にあるしだれ梅(桜?)の枝にはおみくじは付けてありませんでした。

直ぐ脇に木の枝には結ばないようにとの注意書きの紙が張ってありました。

 結局またしても納得のいくものが撮れませんでした。

まあ、自分でもどういう写真なら納得できるかというものがはっきりとしていないまま撮っているので仕方の無いことなのですが。

| コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

第51回寒中水泳大会

きのう予告した通り、今日は先日元日の午後から相模川の高田橋下行われました、

「第51回寒中水泳大会」の様子を載せます。

1201031

入水前の手拍子。

 

 この日は例年通り天気に恵まれ、

気温11度、水温10度と平年より暖かいらしいです。

いくら平年から比べれば暖かいとは言っても、

真冬の水の中に入るのですから、冷たくないわけはありません。

 

1201032

一度水に入り一周してから、

今度は弓矢を持って入っていきます。

 

1201033

的を狙って弓を射るのですが船に乗ってる係りの人は怖いですよね~。

くれぐれも狙わないようにとの注意は事前にしていましたけど・・・・

 

1201034

焚き火の周りは結構熱く、

あまり長く近くには寄れません。

 

皆様寒い中、ご苦労様でした。

これで今年も無病息災であることを祈ります。

 

| コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

さがみはら元旦マラソン大会

さあ!今年もスタートしました。

今年も一番初めはやはりこの話題からです。

きのう元日の午前中に開催された「さがみはら元旦マラソン大会」です。

また今年も見に行ってきました。

1201021

天気予報ではあまりよくなかったので心配をしていたのですが、

今年も天気には恵まれました。

 始めの種目は「小学生の部」と「ジョギングの部」です。

みんな一生懸命に走っていましたよー。

 

1201022

続いて「ファミリーの部」

私はやはりこの部が一番楽しいですね。

家族単位で小学4年生以下の子供を含んでいなければならず、

ゴール時には家族みんな揃って手を繋いでゴールしなければいけないという条件が付いていて、

中にはお母さんやお父さんがすごく早くゴールまで来てしまい、

他の家族を待っているなんてケースもありました。

見ていてすごく微笑ましいシーンも沢山あるので楽しいです。

 

1201023

「ファミリーの部」家族手を繋いでのゴールシーン。

 

1201024

こちらは最後の種目の「5kmの部」のスタートシーン。

みんな真剣です。

 

1201025

「5km」が最も長い距離で、

この前の種目に「3km」があります。

 

今回撮影していて思いました。

来年は「ファミリーの部」を出来れば参加者全てを撮ってみようかと・・・・

 このブログを見つけてくれてた方に写真を提供できればと考えています。

さあ、どうなることでしょう。

今から来年の元日が待ちどおしいです。

 

 

 予告。

次回は午後から相模川高田橋のそばで行われた「寒中水泳大会」の様子をお伝えいたします。

 

 

 

| コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »