シクラメン観察日記

2012年4月24日 (火)

何とか咲きました!

久々の「シクラメン観察日記」です。

全滅していませんよ~^^;

 

去年。イエイエ、おととし(2010年)10月に種まきをして、

散々、カビなどで悩まされたあの種です。

やっと、やっと、1年半掛かって、やっと花が咲きました!!

1204241

まだ2輪だけですが綺麗に咲きました。

球根は2cmちょい。

葉の数も10枚ほどですが花は一人前の大きさです。

この時の同期は他に、これより一回り小さいのが1株と

まだまだ黒のビニールポット(6cmくらいの小さいやつ)のがいくつかあり、

そんなのでも花が咲き出しました。

かわいいですよ~。

 この花をつけたやつが今年どこまで成長してくれるのか、

はたまたダメになってしまうのか、今年の夏しだいですね~。

いつも夏にダメにしてしまうので、今年こそ何とか無事に越したいです。

 

 

 

 

 

| コメント (0)

2011年12月23日 (金)

再び種まき

今年のシクラメン。

9月23日、今年初めてジフィーセブンに種まきをしてみたのですが、

どうも、今までのやり方の時よりも芽の出方が悪く、

タネが昨年採取したのものなので、それが古いせいなのか、

2割ほどしか芽を出していません。

途中一度タネを足し、寒くなってきたので家の中で育てています。

それでも経過はあまり良い方向へとは向かない為、

今日は、思い切ってこれを改良することにしました。

1112231

ジフィーセブン(私はこれを「ダンゴ」と、呼ぶことにしました。)の

中の土を半分ほど抉り出し、毎年使用している種まき用の土をその中へ入れ、

改めて種を蒔きました。

 去年は同じタネでカビに悩まされ、今年の春先に蒔いたものが今ようやく少しづづですが、

育ってきているので決して遅いということではありません。

1年、2年かかっても、最終的に花を付けてくれればそれでいいと思っているので、

問題ありません。

売り物でもありませんし。

 

 さあ、果たしてその結果はどうなるのか、

普通で芽が出てくるまで1ヶ月ほど掛かるので、

それで結果が良くないようだったら、次はどうしようかな・・・

 

 

| コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

今年のシクラメン

久々に「シクラメンの観察日記」です。

去年の暮れに失敗して、今年の春先にもう一度種まきをして、

散々カビに悩まされ続けてきた今年のシクラメンです。

さて、その後どうなったかというと・・・・

1112081

今でも残っているのが、これとそのほか少しの株です。

きのう少しづつですが成長してきた株を5cmポットから9cmポットに植え替えました。

株の大きさは1cmほどです。

 

1112082

そして、こちらは・・・・

同じ時に種蒔きをしたもののうちの一つ。

既に植木鉢に植え替えています。

株の大きさは2cmほどで葉の数もまだ少ないのですが、

一人前に花目をいくつかつけています。

これより少し小さめのもの一つを植木鉢に移してあります。

種蒔きから1年を過ぎましたが、1年目で花目を付けたのは

5,6年やってますが初めてではないでしょうか。

春先に花を咲かせてくれるのが楽しみです。

 

 

 

| コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

シクラメン植替え

去年12月末になってから種まきをしたシクラメンの1回目の植替えを

きょうようやく行うことが出来ました。

1106051

育ちがバラバラで4枚の葉が出ているものから

いまだに2枚目の葉が出てきていないものや

球根の大きさも4・5mmから1cmくらいのものまであります。

出来ればもう少し葉が出揃うのを待ちたいところですが

これ以上そのまま植え替えをしないでおくと

育ちのいいものの根が他のものと絡み合って植替え時に

根が切れてしまう恐れが出てきてしまうので、

きょう思い切って全て一片に植替えをしました。

ここでようやく

2枚目の葉が出るまでの第1段階、

1回目の植替えの第2段階まできました。

次はもう一回り大きなポットに移す第3段階。

種まき時からのカビには未だに悩まされていますが

さて、これから先どれくらいの数が成長して残ってくれるでしょうか。

これからは恐怖の夏越しが待っています。

 

 

 

| コメント (0)

2011年4月16日 (土)

庭の花

今、家で咲いている花の一部です。

1104166

去年も紹介したのですが、

変わり咲きのシクラメンです。

これは育て方が悪かったので葉はバラバラで醜く汚れているのですが、

花の咲き方が変わっているんです。

蕾の状態のときはそれぞれの花びらが細く尖っています。

そのまま上向きに反り返り、一枚一枚が少しづつ広がり始め、

最後には普通のシクラメンの花と同じような花の形態になります。

(左側の花のように八重のような変わった常態に咲くものもありますが・・・)

 開花した市販されているシクラメンは主に冬の寒いときに咲いていますが、

家で植え替えたものは今ようやく満開を迎えようとしています。

今度また綺麗に咲いたシクラメンを紹介しますね。

 

1104167

「オダマキ」の花

なぜかピエロを連想させるような変わった形の花です。

 

1104168

そしてきょう、夏に向けて種まきをした

「ビンセント」オレンジとクリアオレンジ。

1週間ほどで芽が出る予定です。

真夏の暑い時期に花を咲かせる予定です。

この花が咲く頃には今のこの震災後の状態がどう変わっているのかな?

でも、この花が成長していくのを楽しみに観察していきたいと思っています。

 

 

 

| コメント (2)

2011年3月28日 (月)

成長中

「シクラメン観察日記」です。

 

今シーズンは種の収穫のときから大変なことが多々ありましたが、

少しずつですが成長しています。

1103281

9割ほどが順調に1枚目の葉を広げ、

いくつかは2枚目の葉が根元に小さく顔を出してきています。

しかし、まだ根の張り具合があまりよくなく、

外に出しておいたりすると、少しの風でも倒れてしまいます。

まだまだ丁寧に扱わなければならない状態です。

 

このトレーでシクラメンの芽が出なかった空いている部分を利用して

そこにきのう買ってきた「トルコキキョウ」の種を蒔きました。

両方うまく共存できるか心配なところもあるのですが試してみました。

芽が出るまでは20日ほど掛かるそうです。

 

 

| コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

今年のシクラメン

今年初めてのシクラメン観察日記です。

去年タネ植えをしてから数ヶ月・・・・

やっとこの日を迎えることが出来ました。

 

 実を言うと、

3度目の正直なんです。

1度目は植える前から気になっていた「カビ」

これが土に植えてからもカビが出てきて早々に諦めました。

次は植える前にカビ処理。

これが裏目に出たのか

1ヶ月過ぎても一向に変化がなく芽が出る気配はまったく無し・・・・。

これもその後諦め。

今回のタネは収穫した時点でよくなかったので、何度やっても駄目かなと、

半分諦めながらももう一度だけやってみようと再々チャレンジ。

先ず、タネを水に漬けて、1週間後の状態は何とかカビは目立たない状態だったので、

チョッと気を取り戻し土に植えました。

それが去年の12月末。

そして今日、約一月半

1102091

早いものは葉の形が出来てきました。

なんとかここまで成長してくれました。

 

1102092

これは土の上に出てきてしまっていますが、

しっかり根を付けようとしています。

球根部分の大きさはまだ3~4mm程度しかありません。

 

1102093

これは1枚目の葉が出る前に既に2枚目の葉の準備が進んでいます。

 

成長が確認できるものは20粒前後。

 

しかし、これからがさらに難しい段階に入ってきます。

特に、遅く芽が出たために恐怖の夏越しがどうなってしまうのか、

その前に皆、葉が出てくれるのかどうか、1枚目の葉がすごく大事になってきます。

 

これからもやさしく育てていかなければいけないとってもデリケートな植物です。

 

この先この成長記録が続けられるのかどうか・・・・・すごく不安だらけです。

 

 

**********************************

ここで少しシクラメンの成長過程を。

1.タネから逆Uの字に1本足が出てきます。

2.その足がだんだん腫れてきます。

 球根の元になる部分です。

3.それがだんだん成長して膨らんでくるとそこから根が数本出てきます。

4.そこから栄養を取り、今度はそこを軸として今度は足だった部分が首になり、

 その首を持ち上げながら上へ種の部分をつけたままロクロクビのように伸びてきます。

5.タネの皮を破って顔(1枚目の葉)を出します。

 (この状態が今日載せた写真の状態です。)

6.1枚目の葉が開き今度はそこから光を受けて栄養を付け、2枚目、3枚目の葉が出てきます。

7.葉の成長と同時に根の本数も増え、さらに伸びていきます。

 

ここまでが第1段階といえるでしょう。 

 

 

| コメント (2)

2010年10月25日 (月)

シクラメン~種植え

いよいよ種植えとなりました。

1010251

先ず、プラスチックのパレットに去年も使用して使いまわしの砂利(以前に土だけ洗い落として乾燥させておいたもの)を平らに一様に敷き詰め、その上に種まき用の土を1cmほど重ねます。

 何故そのようなことをするかと言えば、水を入れたときに下のほうで均一に水の層が出来るようにする為です。

これは、何度かの失敗や経験を元に自分で考え出したやり方です。

以前に、パレットの底に敷く穴が沢山開いた底上げのものを使ったことがあるのですが、

それだと次の段階のポットに移すときに根が成長していて穴に絡みつき大変だったことがあります。

また、何もしないで土だけにすると水が均等に廻らず、根のほうだけに水をまわすという事が難しくなります。

根を伸ばすにはやはり、下のほうに根を伸ばせば水があるよ。と

いう状態にしておきたいのです。

 

1010252

水につけておいたタネです。

だいぶふっくらとしてきました。

今回最も気掛かりなのは、乾燥しているときは良かったのですが、水に戻ししばらくしたら

再びカビだらけになってしまい、毎日水を取り替えたほどでした。

多分植えた後もこの状態は同じではないかと思います。

そうするとタネはカビにやられて成長できなくなるかもしれません。

 

スポイトを使って種と水を同時に吸い上げ(タネは大きいので口元で止まります)

そのまま等間隔に少しくぼみをつけておいた土に吐き出していきます。

 

1010253

パレットの4隅からそーと、水を入れていきます。

表面の土の色が変わってくるくらいまで注ぎます。

 

これで種植えは終了です。

1つのパレットに5×6=30粒ほど。

縦横の間隔は5cm程度で植えました。

順調に行けば1月ほどで芽が出てくるはずです。

 

今回ついでに去年のものをいくつか植え替えしました。

 

 

| コメント (0)

2010年10月18日 (月)

’10新たなシーズンの始まり

今年もシクラメンの観察日記がスタートしました。

今年の夏口に収穫した2種類のタネ

1010181

今年のものなので念のため冷蔵庫に1週間ほど保存して擬似の冬越しをさせました。

どれくらい入れておけばよいのかは調べてはいないので適当にしました。

そしてきょうはそのタネを一度、水に浸し発芽しやすいように日が当たらないように黒のビニールを被せます。

おそらく1~2週間で発芽の兆しが見られるのではないかと思っています。

 

今年のタネは収穫時は大きさも大きめでいいなと思っていたのですが、

夏の暑さのせいか皆カビだらけになってしまってどうなるか心配でしたが、

今のところ大丈夫そうです。

 

さあ!!

今回のシクラメンはどこまで生長してくれるのかこれからが楽しみです。

 

 ※去年までの観察日記はカテゴリーから覗いてみてください。

 

 

| コメント (0)

2010年4月21日 (水)

変形

シクラメン観察日記です。

私が種から育てたシクラメン、今年は沢山の花を付けました。

ところが、このシクラメン、チョッと変わった咲き方をします。

1004211

下の方のこれから咲いてくる蕾を見てください。

普通は花びら同士が重なり合いネジのようにねじれた感じで開いてきます。

ところがこのシクラメンの場合、花びらの一枚一枚が細長くとがった状態で咲いてきます。

 そして、中央の花のように花びらが持ち上がり、この状態になってから

花びらが少しずつ広がってくるのです。

これは表の寒いところで育てたためにこのような特性をもったのでしょうか?

1004212

今年も既に種をこぼし始めました。

この種は今年新たに購入して来た者から出来たものです。

かなり大きな種が出来ました。

また来シーズンが楽しみです。 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧